がん治療薬の研究開発

中村祐輔教授

オンコセラピー・サイエンス(OTS)は、「より治療効果が高く、より副作用の少ないがん治療薬・治療法を一日も早くがんに苦しむ患者さんに届けること、 がんとの闘いに勝つこと」を目指して設立されました。OTSは、ジェノミックス(遺伝子情報をシステマティックに取り扱う科学)を医療分野に先駆者としてもたらした中村祐輔教授(現、シカゴ大学教授、元東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長)との共同研究により、網羅的遺伝子発現解析に基づくがん治療薬開発に適した標的分子を同定し、それらの標的に対して、低分子医薬、がんペプチドワクチン、抗体医薬の研究開発を推進しています。その成果として、OTS167、OTSA101、複数のペプチドワクチンプロジェクトの臨床試験が実施されています。

ページの上部へ