研究開発

近年のヒトゲノム研究および分子生物学の進歩によって、病気に関連する遺伝子が多数見つかっています。これらの情報を活用して、疾患に特異的な分子を標的とした治療薬、いわゆる分子標的治療薬の開発が本格化しています。


抗がん剤の分野では、抗体や低分子化合物の分子標的治療薬が開発され、臨床での有効性を示すエビデンスが蓄積されつつあります。しかしながら、有効性および副作用の観点から、多くのがん種において、新たな分子標的治療薬の開発が期待されております。


私たちは一人でも多くのがん患者さんに対して、苦しみを軽減し、希望の光を届けるために、OTS独自の基盤技術を用いて新しいがん分子標的治療薬の創薬研究と診断薬開発を行っています。創薬研究では、がん細胞で高い発現を示し、正常臓器では発現が無い、あるいは低い遺伝子を標的遺伝子として選定し、がん細胞だけに作用し副作用の少ない分子標的治療薬の開発に取り組んでいます。診断薬開発では、がん細胞に特異的に発現する遺伝子のうち分泌タンパクに注目し、血清診断マーカーの開発を行っています。

ページの上部へ