ゲノム創薬で未来をひらく
がん遺伝子発現情報を 活用した創薬研究

オンコセラピー・サイエンス(OTS)では、がん分子標的治療薬の開発に適した標的遺伝子を多数同定しています。これらの標的遺伝子の発現様式や局在、機能、免疫原性など、遺伝子の特性に応じて、様々な角度から創薬研究・開発を進めています。

個別化医療をささえる TCR解析サービス

血液・組織などの検体中に存在しているT細胞のTCR遺伝子配列情報を、次世代シーケンサーを用いて網羅的に取得し詳細に解析する「T細胞受容体(TCR)解析サービス」。サンプル調製から解析結果のご報告までを、当社が一貫し、迅速に行います。

より治療効果が高く より副作用を少なく

私たちは、「より治療効果が高く、より副作用の少ないがん治療薬・治療法を、一日も早くがんに苦しむ患者さんに届けること、がんとの闘いに勝つこと」を目指し、ジェノミックスを医療分野に先駆者としてもたらした中村祐輔教授とともに、研究・開発に取り組んでいます。

ページの上部へ